弁護士費用
ATTORNEY'S FEE
弁護士費用

弁護士費用特約を利用する場合(LAC※基準)

弁護士特約に加入している場合は、下記費用のうち最大300万円までの弁護士費用が補償されます。
この弁護士費用特約を利用すれば、ほとんどのケースで依頼者様の実質負担額は0円になります。

着手金
経済的利益の額が125万円以下の場合 10万円
300万円以下の場合 経済的利益の8%
300万円を超え3000万円以下の場合 経済的利益の5%+9万円
3000万円を超え3億円以下の場合 経済的利益の3%+69万円
3億円を超える場合 経済的利益の2%+369万円
報酬金
経済的利益の額が300万円以下の場合 経済的利益の16%
300万円を超え3000万円以下の場合 経済的利益の10%+18万円
3000万円を超え3億円以下の場合 経済的利益の6%+138万円
3億円を超える場合 経済的利益の4%+738万円
※上記のほか、法律相談料が発生しますが、全額保険会社に請求しますので、依頼者様には実質的なご負担はありません。
※ LAC(ラック)とは?
日弁連リーガル・アクセス・センターの略称。日弁連と協定を結び、弁護士費用特約を運用している損保・共済のことです。

弁護士費用特約を利用しない場合

交通事故でお怪我をされた方の初回相談は無料
法律相談費用補償特約が自動付帯されている場合は、法律相談料を保険会社に請求させていただきます(相談者様の実質負担額は0円になります)。

着手金
20万円(※着手金の後払いや賠償金からの支払いを希望される場合にはご相談ください。)
報酬金
経済的利益(得た金額又は支払いを免れた金額)の10~15%(※最低金額は20万円)
報酬金は、賠償金取得後に賠償金の中からお支払いいただきます。
ご依頼いただく際に、費用倒れになる場合はご説明させていただきますので、ご安心ください。

※利益相反が生じる場合、お受けできない場合があります。まずは、お問い合わせください。

相談予約受付

交通事故後の対応や交渉でお困りの方、
まずはお気軽にお問合せください。

お電話からのご相談予約

お急ぎのご相談の場合はお電話にてお問合せください。

インターネットからのご相談予約

24時間365日受付けております。ご返信が必要なお問合せには、2営業日以内にご返信させていただきます。

ページトップ